KW_TOP.png
Karuizawa Whisky, Reborn
新・軽井沢ウイスキー
KW_Logo.png

軽井沢の地で

軽井沢ウイスキーを造る

KARUIZAWA WHISKY,

MADE IN KARUIZAWA

浅間山麓の澄んだ水、軽井沢の冷涼な気候は麦の生育とウイスキーの熟成に理想の環境です。

江戸時代から370年続く戸塚酒造のDNAと信頼が醸し出す新しい日本のウイスキーです。

Karuizawa, blessed with purest water from Mt. Asama and cooler climate, provides a perfect environment for growing barley and maturing whisky. Karuizawa Whisky is a new Japanese whisky made of the DNA and credence Totsuka Sake Brewery Co., Ltd. has nurtured through its 370-year history since the Edo Period.

 
ABOUT THE EVENT
KW_08.png
軽井沢ウイスキー株式会社は「メルシャン軽井沢ウイスキー蒸留所」でウイスキーの製造に50年間にわたって携わり、同蒸溜所の閉鎖まで見守った最後のモルトマスターである内堀修省氏を顧問に、また、同じくメルシャン軽井沢ウイスキー蒸留所のウイスキー・ディスティラーであった中里美行氏を工場長として招き、ウイスキー軽井沢の蒸留を開始します。かつて世界を魅了した技術を再び軽井沢の地で花開かせ、若い世代へとつなげていきます。
 
Karuizawa Whisky Co., Ltd. starts distilling Karuizawa Whisky, with Osami Uchibori as Advisor, who engaged in whisky making over 50 years at Mercian Karuizawa Whisky Distillery and supervised the whole distillery as the “Last Malt Meister” until the very last moment of its closure; and Yoshiyuki Nakazato as Factory Manager, who served as whisky distiller for the same distillery. We are going to bring that once world-renowned craftsmanship back to life here in Karuizawa, and pass it down to next generations.
KW_P02.png
KW_P03.png
酒蔵16代目の新たなる挑戦

軽井沢ウイスキー株式会社 代表取締役社長

戸塚酒造株式会社 16代目蔵元

​戸塚 繁

 

御代田の地でかつて造られていたいわゆる「オールド軽井沢ウイスキー」を飲んだとき、私はその美味しさに驚きました。工場が閉鎖したとき手放されたウイスキーが、そのあと時間をかけて熟成して美味しくなっていた。それを飲んだとき、これは文化だなとしみじみ感じると同時に、もったいない、ぜひ復活させて地元で愛される文化にしたいという思いがこみ上げてきました。

 

軽井沢には、素晴らしい自然環境や全国屈指の別荘地としての文化が育まれています。そこに新たに「軽井沢といえばウイスキーがあるよね」と言われるような、そして地元のみなさんに愛される文化を加えることができると信じています。

​こうしたさまざまな背景を踏まえて、満を持して立ち上げたのが「新軽井沢ウイスキー」です。私たちが目指すのは、軽井沢から発進する世界で唯一無二のウイスキー。地の水、地の風を生かして、地元産の原料を中心に使用することで「軽井沢ウイスキー」にしか出せない味わいをこれから追求して行きます。

New Heights for

16th Master Brewery

Shigeru Totsuka

President and Representative Director of Karuizawa Whisky Co., Ltd.
16th Master Brewery for Totsuka Sake Brewery Co., Ltd.
 

When I first tasted Old Karuizawa Whisky, a well-known brand once distilled in a western part of Karuizawa, Miyota, I instantly fell in love with its richness. Even though its distillery had already been closed, those whiskies relinquished back then grew far richer and more tasteful over time. As I myself drank it, I was fully convinced that it’s a culture, that it would be a huge loss should it be left as is, feeling compelled to revive and develop it into one of Karuizawa’s local treasures.

 

Karuizawa is widely known for its beautiful nature and also has culture as one of Japan’s best resorts. Now I firmly believe we can add a new charm there, so people will associate Karuizawa with whisky as well, and locals will be fond and proud of the new specialty of Karuizawa.

 

​New Karuizawa Whisky is the brand we confidently launched in this context. We are committed to delivering you the world’s one and only whisky originated in Karuizawa. Harnessing the water and wind of Karuizawa, using as many local ingredients as possible, we are pursuing the flavor you can find only in Karuizawa Whisky.

KW_05.png
 
軽井沢ウイスキー蒸留所
2022年 製造開始
FTR.png
Karuizawa Whisky Distillery
Opens in 2022

2022年、軽井沢ウイスキー社は、日本初のシングルモルトウイスキーが生まれた軽井沢でウイスキーの製造を開始します。浅間山や八ヶ岳山麓の水を用い、原料の大麦は佐久地方などで地元農協や地元農家のみなさまと協力して栽培したものも使用する予定です。

Karuizawa Whisky Co., Ltd. goes into operation in 2022 in Karuizawa, the birthplace of Japan’s first single malt whisky. We are going to use fresh water from Mt. Asama and Mt. Yatsugatake, and  local barley carefully raised in nearby districts together with Karuizawa farmers and cooperatives.

KW_10.png

※メルシャン軽井沢当時の写真を使用しています。

軽井沢ウイスキー蒸留所 顧問

​内堀 修省

ウイスキー作りで一番大事な要素は「水」。水と風土に恵まれた軽井沢のこの土地で、今まで以上の味わいを醸しだしていきたい。

1960年4月現メルシャン株式会社入社。マッシング、蒸留、樽の選定、ボトリング、酒税管理に至るまでほぼ全てを担当。最後のモルトマスターとして、50年にわたって「メルシャン軽井沢ウイスキー蒸留所」に勤務。2007年にメルシャンを退社し、2021年より軽井沢ウイスキー社顧問に就任。

Osami Uchibori
Advisor for Karuizawa Whisky Distillery
“The most important constituent of whisky is water. Here in Karuizawa blessed with ideal water and climate, I want to bring out even more flavor than ever.”
Osami Uchibori joined Mercian Corporation in April 1960. Throughout his 50-year career as the “Last Malt Meister” at Mercian Karuizawa Whisky Distillery, he took charge of effectively all operations necessary for whisky brewing: mashing, distillation, barrel selection, bottling, and even liquor tax management. Uchibori left Mercian in 2007, and started serving as Advisor for Karuizawa Whisky Co., Ltd. in 2021.
KW_11.png

※メルシャン軽井沢当時の写真を使用しています。

軽井沢ウイスキー蒸留所 工場長

​中里 美行

以前と同じ味はもちろんの事、それを超えるものを期待されていると感じている。内堀さんと、また、ウイスキーを作れることが本当に楽しみ。

1995年に「メルシャン軽井沢ウイスキー蒸留所」に入所。当初は樽職人として採用されたが、オールマイティーに何でもこなし、蒸留所閉鎖時には最後の工場長として勤務。2012年にメルシャンを退社し、2022年より軽井沢ウイスキー社工場長に就任

Yoshiyuki Nakazato

Factory Manager of Karuizawa Whisky Distillery

“The expectation I feel on me is, not to mention for achieving the same taste as before, but also exceeding it. I am thrilled at this great opportunity to brew whisky with Uchibori-san again.”

 

Yoshiyuki Nakazato joined Mercian Karuizawa Whisky Distillery in 1995. He was initially hired as a rank-and-file cooper, but then started working out whatever was necessary for whisky production across all fields, eventually making him the last factory manager before the distillery finally closed. Nakazato left Mercian in 2012, and is to start serving as Factory Manager for Karuizawa Whisky Co., Ltd. in 2022.

軽井沢の地で
軽井沢ウイスキーを造る

軽井沢ウイスキー蒸留所は北佐久郡軽井沢町大字発地に建設しました。

「軽井沢ウイスキー」を名乗るからには、やはり軽井沢の地で造りたい。

地元の人々から愛されるものを造るからには、絶対に軽井沢に蒸留所を建てるんだという信念を持ち続けました。

Karuizawa Whisky Distillery was constructed in Hotchi, Karuizawa.

Now we have named our brand Karuizawa Whisky,

we should complete all the making here in Karuizawa.

It has been our long, firm belief that our distillery shall be built in Karuizawa

if we are to create a specialty that can be loved by all Karuizawa locals.

KW_MAP.png

軽井沢ウイスキー蒸留所: 〒389-0113 長野県北佐久郡軽井沢町大字発地 2785-318

2785-318, Hotchi, Karuizawa-cho, Kitasaku-gun, Nagano, 389-01133
KW_Logo_L2.png

OUR BRAND

私たち軽井沢ウイスキー株式会社のブランドロゴデザインにはCASC(樽)をイメージした円形の中に、KaruizawaのKとWhiskyのWを象徴的にデザインしました。イカリのような形状で大地をしっかりと掴むようなWにKが結びつくように配置されたロゴデザインです。

「軽井沢の地で軽井沢ウイスキーを造る」

軽井沢とウイスキーの強い結びつきを体現するブランドデザインです。

The brand logo of Karuizawa Whisky Co., Ltd. symbolically places “K” for Karuizawa and “W” for Whisky within a round image of cask. The intertwined “K” and “W” suggest an image of anchoring firmly down to earth. Our brand promise is “Karuizawa Whisky, Made in Karuizawa.” It is a brand design embodying the strong connection between Karuizawa and whisky.
 

INFOMATION:

ウイスキー・カスク・インベストメント様にご紹介いただきました。
DearWHISKY
https://cask-investment.com/media/distillery/karuizawa-whisky/